グラブル

【グラブル】考える必要なし!! ≪ジークフリートHL ソロ討伐≫ 必要なのは時間と編成だけ

lp.faint

かなり需要が高いレヴァンスシリーズのクエスト。

今回はそのレヴァンスシリーズの『ジークフリートHL』のソロ討伐編成を紹介したいと思います。

6人マルチの高難易度クエストですので、いろいろと躊躇している方も多いかもしれませんが、今回の記事を読んでもらえればかなりの確率で安定した討伐が可能になります。

タイトル通り必要なのは時間と編成だけです。

必要なもの
  • 【時間】討伐時間がだいたい21分
  • 【キャラ】ニオ・ハロリッチ・エスタリオラ(未最終)・ロゼッタ(かばう役)
  • 【武器】リミ武器多数
  • 【召喚石】ベルゼバブなどがあれば嬉しいが必須ではない。

それでは、紹介していきます。

救援編成フルオ編成ソロ討伐
【ジークフリートHL】ソロ討伐

キャラ編成

パナ&ニオ&リミロゼ&ハロリッチ&エスタ編成
サポ石超越ルシLv250

主人公をパナケイアにすることでジークフリートHLの予兆【回復アビ3回】の解除を行っています。

パラディンでの攻略もありますが、パナケイアの方がやりやすいように感じます。

Q
キャラ詳細
キャラ覚醒
【超越150】ニオ連続攻撃Lv8
備考
超越Lvが150になっていますが、採用理由が弱体アビの所持ですので超越150までしていなくても大丈夫です。
※覚醒タイプを連続攻撃にしていますが、今回の編成では防御タイプがおススメです。
【リミ】ロゼッタバランスLv1
備考
ジーグフリート 1ターン目の【クヴァール・ファング】をロゼッタで かばい サブからエスタリオラを出します。
【ハロウィン】リッチ防御Lv9
備考
ディスペル、回復、バフデバフ、高火力、何でもありの強キャラ、ハロリッチ。
今回紹介する編成の必須キャラの一人です。
サブキャラ覚醒
エスタリオラ攻撃Lv9
備考
こちらもハロリッチ同様に必須キャラです。
毎ターン発動するアビダメ+ディスペルのおかげでジークフリートHLの強力なバフを剥がしてくれます。
※覚醒は防御タイプがおススメ。
※備考

Q
サブ候補
サブキャラオススメ度
【ハロ】ヴェイン5/5点
備考
サブメンバーにいても効果が発揮する防御UPが強力。
ティアマト4/5点
備考
サポアビ効果で風属性キャラそれぞれの刻印の数に応じてアビリティ性能UPしてくれる。
編成上、主人公以外はアビダメで火力を出しているので効果内容がマッチしている
4/5点
備考
ハロリッチの味方にデバフを付与するアビリティが逆位置効果の攻撃UPを誘発している。
【ジークフリートHL】ソロ討伐

武器/召喚石編成 ≪神石×超越ルシ≫

武器編成

武器編成
装備の内訳
・通常終末【アビ上限/渾身】※メイン武器
・虚無ノ哭風(リミ)【渾身/恩寵】
・イーウィヤビーク【アビ与ダメUP】×2本
エタラブ(リミ)【攻刃/無双】(アビD)
・4凸劫風の翼鋭(リミ)【約定】
・無凸劫風の翼鋭(リミ)【約定】
・天使武器(風)【与ダメ】
シャル剣(リミ)【EX/防御/D上限】×2本
≪Additional Weapons≫
・セフィラ剣【EX/D上限/神威】
・4凸テンペ杖【EX/D上限/神威】
・バハ銃【攻刃】

イーウィヤ短剣は火力目的で入れています。

討伐時間が21分と余裕があり、他の武器と代用が効きそうですので、代用武器の紹介もします。

Q
代用武器
編成武器代用武器
劫風の翼鋭 マンデト
備考
『劫風の翼鋭』が5万与ダメ上昇で『マンデト』が3万与ダメ上昇ですので火力が落ちてしまいますが、十分攻略出来ます。
エタラブ ダウルダヴラ
備考
今回紹介している編成ですと、ジークフリートのHPを半分以上アビダメで削っているのでアビダメ上限を上げてくれる『ダウルダヴラ』でも代用が効きます。

召喚石編成

召喚石編成

ベルゼバブはジークフリートHLのバフを剥がすために採用している部分が多いので他のディスペル石又はSR召喚石の土カーバンクルで耐久力を上げても良いかもしれません。

ラファエルも同様、土カーバンクルと交換して耐久力の確保でも大丈夫です。

【ジークフリートHL】ソロ討伐

動き方

ここからが一番重要になって来るかと思いますが、基本的に主人公以外全員【ガード】リロ殴りでターンを進めていきます。

そうすることでエスタリオラやハロリッチの自動アビダメでジークフリートHLのHPを削りながら最小限の被害で済ませることが出来ます。

1ターン目【ジークフリート】
クヴァールファング


『主人公』プネウマを自身に付与
『ロゼッタ』全アビリティ使用
『ハロリッチ』3アビ使用


【攻撃】
2ターン目【ジークフリート】
マニガンス

※回復アビリティ3回で解除

『主人公』1、2、3アビ使用
マニガンスの予兆を解除
『ニオ』2アビ使用

主人公以外全員ガードで【攻撃】
3ターン目【ジークフリート】
通常攻撃


主人公以外全員ガードで【攻撃】
4ターン目【ジークフリート】
ウーヴェ

※弱体アビリティ3回で解除

『ニオ』1、3アビ使用
『ハロリッチ』2アビ使用

ウーヴェの予兆を解除

主人公以外全員ガードで【攻撃】

序盤の流れはこういった感じになります。

次は特殊行動や予兆の対処などを説明します。

【クヴァール・ファング】

1ターン目のクヴァール・ファングはロゼッタの全体かばうで対処しますがそれ以降は、バイヴカハやSR土カーバンクルを召喚して属性ダメージカット+主人公以外ガードでターンを進行してください。

召喚石のリキャストが間に合わない場合も主人公以外ガードでターンを進めてください

※主人公のHPが低い場合(瀕死状態)、ポーションで回復するか、攻撃行動をするキャラを『ニオ』に変更。

【マニガンス】

主人公のアビリティ『ウィータ・ブレウィス』・『キュアーフェン』・『内功』の3つを発動することで解除可能です。

この3つは、使用間隔が全て5ターンですので、リキャストタイミングが一緒です。

左から『ウィータ・ブレウィス』・『キュアーフェン』・『内功』

マニガンスの予兆に毎回間に合うわけではないのでリキャストしていない場合も、主人公以外ガードでターンを進めてください

※※主人公のHPが低い場合(瀕死状態)、ポーションで回復するか、攻撃行動をするキャラを『ニオ』に変更。

【ウーヴェ】

ニオの1、3アビ+ハロリッチの2アビで解除します。

左から『ニオ』1アビ・3アビ、『ハロリッチ』2アビ

こちらもマニガンス同様、毎回間に合うわけではないので基本行動どおり主人公以外ガードでターンを進めてください

※主人公のHPが低い場合(瀕死状態)、ポーションで回復するか、攻撃行動をするキャラを『ニオ』に変更。

動き方のまとめ
  • 基本的に【主人公以外ガード】でターンを進ませる
  • クヴァール・ファングは召喚石の属性ダメージカット+【主人公以外ガード】 ※召喚石のリキャストされていない場合も体力を見ながら【主人公以外ガード】
  • 解除できる予兆は解除、出来ない場合も【主人公以外ガード】
  • もし主人公のHPが低い場合は、ポーション類で回復をするか、主人公もガードさせて『ニオ』に攻撃行動をとらせる。
【ジークフリートHL】ソロ討伐

召喚石や他アビリティを使うタイミング

召喚石

超越ルシリキャストごとに召喚します。

もしジークフリートHLの【クヴァールファング】などが発動するタイミングであれば、属性カット石の方が優先度は高いです。
ベルゼバブジークフリートHLの【マニガンス】や【ウーヴェ】が解除できなかった場合、バフが複数付与されるため、その際にベルゼバブのディスペルでバフを剥がします。
属性カット石今回紹介している編成だと属性カット石は『バイヴカハ』1枚となっていますので、その場合はジークフリートHLの【クヴァール・ファング】に合わせて使用してください。

※属性カット石を複数枚積んでいる場合は、リキャストごとに使用でOKです。
ゼピュロスベルゼバブと同様です。

アビリティ

上で説明した予兆解除に必要なアビリティは、予兆発生時に使用してください。

【主人公】

リキャストごとに全キャラに付与してください。

全キャラにいきわたれば再使用しなくても大丈夫です。

【ニオ】

『クオリア』はリキャストごとに使用、『九界の繁栄』はどこで使っても大丈夫です。

【ハロリッチ】

こちらのアビリティはディスペルが付いているので、敵のバフを剥がすタイミングで使用してください。

ですのでバフが付いていない状態では温存させます。

リキャストごとに使用します。

召喚石やアビの使用タイミング
  • サポート召喚石に設定している『超越ルシフェル』はリキャストごとの使用。
  • ディスペル効果のある召喚石やアビリティはジークフリートHLにバフが付いたタイミングで使用。
  • 属性カット石が1枚の場合は【クヴァール・ファング】に合わせる、複数積んでいる場合は、リキャストごとに使用。
  • 味方のバフアビリティは、リキャストごとに使用。
総括

まとめ

いかがでしたでしょうか?

需要の高まるレヴァンスシリーズ。

躊躇していた方もこの記事ですこしでも助けに慣れれば幸いです。

必要なもの
  • 【時間】討伐時間がだいたい21分
  • 【キャラ】ニオ・ハロリッチ・エスタリオラ(未最終)・ロゼッタ(かばう役)
  • 【武器】リミ武器多数
  • 【召喚石】ベルゼバブなどがあれば嬉しいが必須ではない
動き方のまとめ
  • 基本的に【主人公以外ガード】でターンを進ませる
  • リロ殴り必須
  • クヴァール・ファングは召喚石の属性ダメージカット+【主人公以外ガード】 ※召喚石のリキャストされていない場合も体力を見ながら【主人公以外ガード】
  • 解除できる予兆は解除、出来ない場合も【主人公以外ガード】
  • もし主人公のHPが低い場合は、ポーション類で回復をするか、主人公もガードさせて『ニオ』に攻撃行動をとらせる
召喚石やアビの使用タイミング
  • サポート召喚石に設定している『超越ルシフェル』はリキャストごとの使用
  • ディスペル効果のある召喚石やアビリティはジークフリートHLにバフが付いたタイミングで使用
  • 属性カット石が1枚の場合は【クヴァール・ファング】に合わせる、複数積んでいる場合は、リキャストごとに使用
  • 味方のバフアビリティは、リキャストごとに使用

それではまた別の記事で。

ABOUT ME
ひろあき
ひろあき
古戦場最高ランキング4桁

アニメや映画、ドラマを週に10本以上視聴
グラブルをメインに取り上げていく特化よりの雑記ブログです。

グラブルはリリース時から遊んでおりランクは300以上、古戦場は最高4桁の順位を到達。
騎空団は常に2000位以内に入っています。

微課金勢でマグナ編成なども現役で活躍しているので多数の方の参考になると思います。
記事URLをコピーしました