アニメ

【アニメ】『ダンジョン飯』の魅力をサクッと解説

lp.faint

私の好きなマンガの1つ『ダンジョン飯』がアニメ化されました。

皆さんは『ダンジョン飯』と聞くとどんな物語を想像しますか?

グルメ漫画?

ファンタジー?

どちらも間違いではないのですが、原作を読んだ私の感想を言わせてもらうと『ダンジョン飯』とは…

究極の食育漫画です。

Q
食育とは?

「食育」とは、適切な食事と食習慣に関する知識、技能、態度を身につけることを目的とした教育のことです。日本で特に重視されている概念で、バランスの取れた栄養摂取、食事のマナー、食文化の理解、健康的な食生活の維持などを含みます。これは、子どもたちだけでなく、大人にも適用される重要な生活習慣の一部とされています。食育を通して、健康な体を育てるだけでなく、食に対する感謝や社会的なつながりの重要性も学びます。

本記事の内容
  • 『ダンジョン飯』とは?
  • 物語のあらすじ
  • 『ダンジョン飯』の魅力
ダンジョン飯とは?

アニメ『ダンジョン飯』スタッフ/キャスト

このマンガがすごい!2016ーオトコ編第1位を獲得している『ダンジョン飯』

このマンガのアニメ制作に携わっている方たちの紹介をしていきます。

スタッフ

原作九井諒子(くいりょうこ)
監督宮島善博(みやじまよしひろ)
今作が初監督作品となります。他作品では
・絵コンテ:『サイバーパンクエッジランナーズ』
・助監督:『劇場版総集編 SSSS.DYNAZEN』など
シリーズ構成うえのきみこ
脚本:『リトルウィッチアカデミア』
脚本:劇場版『クレヨンしんちゃん』シリーズなど
キャラデザ竹田直樹(たけだなおき)
・作画監督:『ご注文はうさぎですか?』
・作画監督:『サイバーパンク』など
アニメ制作TRIGGER
・『キルラキル』
・『異能バトルは日常家にの中で』など
サイバーパンクはこんなアニメです
『サイバーパンク エッジランナーズ』解説・考察
『サイバーパンク エッジランナーズ』解説・考察

キャスト(声優)

ライオス熊谷健太郎(くまがいけんたろう)
マルシル千本木彩花(せんぼんぎさやか)
チルチャック泊明日奈(とまりあすな)
センシ中博史(なかひろし)
ファリン早見沙織(はやみさおり)
『ダンジョン飯』ってどんな話?

あらすじ

ダンジョン内でレッドドラゴンと相対するライオス一行。

準備は万端で負ける要素が無いと自信を持っていたライオスだったがあることに気が付く。

『腹が減ったな』

いつも通りなら倒せない相手ではなかったが、空腹によりパーティー全員が本領を発揮できずに苦戦を強いられていた。

結果、ライオスの妹ファリンがレッドドラゴンに食べられてしまうが飲み込まれる直前にファリンが使用した魔法でファリン以外はダンジョンの外に帰還することが出来た。

ドラゴンに食べられてしまったが完全に消化されてしまう前であれば蘇生が間に合う。

焦るライオスはファリンを救うため再度ダンジョンにもぐろうとするが、道具やお金は全てダンジョン内に置いてきてしまっていた。

一番重要なのは食料だ。

空腹が原因で招いた悲劇なのだから、食料の調達はことさらに重要性が増してくる。

しかし金がない。

そこでライオスは、ダンジョンに潜むモンスターを食料にしようと提案をする。

注目ポイント

『ダンジョン飯』の見どころ

モンスター

グルメ+冒険ファンタジーと言った内容で冒険ファンタジー好きな人は少し物足りなさを感じるかもしれません。

ド派手な魔法や剣術をぶっ放すわけでもなく、舞台がダンジョンと言うこともあり風景の代わり映えも少なく視覚から得られる刺激が少ないかもしれません。

しかし、モンスターに対する攻略方法がなかなかユニークで面白いです。

モンスターを怪物としてではなく食材として見ているからか、そのモンスターの構造や習性を利用して攻略していきます。

第一話では、スライムを倒し調理していますが調理する際はスライムの内部構造まで解説が入り、スライムにもちゃんと心臓や肺、胃や肛門も付いてあることが分かり急所を狙ってスライムを倒しています。

他の作品で見られるようなスライムののようなものではなく内臓を狙って倒しているのでファンタジー作品のモンスターであろうと少し現実味を感じます。

今回のアニメで登場するか分かりませんが私のお気に入りの回は動く鎧です。動く鎧を食べます。

いろいろなゲームなどで中身の入っていない鎧のモンスターが襲い掛かってきますが『ダンジョン飯』では動く鎧がなぜ動いているのか?と言うのを今作なりに解釈して攻略し食べます。

ダンジョン内にいる以上動く鎧でさえも食物連鎖の一部に入っているのです。

食育

ダンジョン飯 それは食うか食われるか そこには上も下もなく ただひたすらに食は生の特権であった

第一話の終わりに流れるナレーションの一部です。

上記のスライムの件でも書きましたが、モンスターがめちゃくちゃファンタジーしている感じではなく現実世界に近い動物のような印象を感じます。

ちょっと前にTVニュースでやっていましたが、現代の子供は『刺身』が海を泳いでると思っていたらしいです。(もちろん全員じゃないですよ)

『魚』自体は知っていたらしいですが魚を斬ったものが『刺身』になっているということを知らなかったみたいです。

『肉』も動物を殺して得られた食べ物だということを理解していない様子でした。

食べるということは生を奪い生きること。

『ダンジョン飯』もライオスの妹ファリンがドラゴンに食べられることで物語が始まります。

人間も食物連鎖の一部になっているのです。

現代を生きる私たちは科学技術の発展や国内外の流通が増えたことで食べ物が簡単に手に入るようになり『食』に対する意識が薄くなっているのかもしれません。

この『ダンジョン飯』という作品は食に対する意識をファンタジーの世界を通して教えてくれています。

『ダンジョン飯』を見る際は頭の片隅に食育を置きながら視聴すると、また面白いかもしれません。

ギャグ

私が『ダンジョン飯』を好きな大きな理由がギャグシーンです。

『ダンジョン飯』第一話より

上記のシーンはモンスターを食べたくないがあまり、マルシルがブレイクダンスをしてしまうシーンです。

『ダンジョン飯』ではこの他にも言葉で表現するには少し難しいギャグがふんだんに混ざっておりそれが面白いのなんのって

基本的にマルシルがこういったギャグを担当しており個性豊かなキャラクターの中でも真面目な部類に入るマルシルが奇怪な行動や、ふとした一言がかなり面白いです。

私が一番笑った話はコカトリスの回です。

ネタバレ

コカトリスの毒を受けたマルシルが石化してしまい、石化を解くまで時間がかかるためマルシルを漬物石代わりにするのですが、石化が解けた後のマルシルの一言に思わず笑ってしまいました。

上記の食育の見出しでちょっとお堅いアニメなのかな?と思わせてしまったかもしれませんが、そんなことはなく、面白いマルシルを見たくて『ダンジョン飯』の原作集めたと言っても過言ではありません。

アニメになったことで動きが追加されたことで、さらに面白くなっています。

アニメ『ダンジョン飯』

総評

一話を見ての記事ですので今後どういうことになるのか分かりませんが、原作の面白さと制作会社がTRIGGERと言うことで平均点以上のアニメになるのではないでしょうか?

season2まで放送が決定していたり、アニメ化の前に映画館で3話まで先行上映していたので結構な力の入れ具合にも思えます。

とりあえずは今後もアニメ『ダンジョン飯』を追っていきたいと思います。

ABOUT ME
ひろあき
ひろあき
古戦場最高ランキング4桁

アニメや映画、ドラマを週に10本以上視聴
グラブルをメインに取り上げていく特化よりの雑記ブログです。

グラブルはリリース時から遊んでおりランクは300以上、古戦場は最高4桁の順位を到達。
騎空団は常に2000位以内に入っています。

微課金勢でマグナ編成なども現役で活躍しているので多数の方の参考になると思います。
記事URLをコピーしました