アニメ

『サイバーパンク エッジランナーズ』解説・考察

lp.faint

今回紹介するのは、Net Flix独占オリジナル配信のアニメ『サイバーパンク エッジランナーズ

サイバーパンクエッジランナーズ』は2022/9/13にNet Flixで配信されたアニメです。

今までかなりの数のアニメを見てきましたが、一番オモシロイと言っても過言ではないくらいです。

ゲーム『サイバーパンク2077』もプレイ済みですので、ゲームの知識も入れつつ解説したいと思います。

この記事では

  • サイバーパンクとは
  • 制作会社・監督
  • キャラ紹介
  • 用語解説
  • エピソードごとのあらすじ(軽いネタバレ)

など紹介していきます。

本作品はゲーム『サイバーパンク2077』のスピンオフとなっていますがゲームをプレイしていなくても十分に楽しめる作品です。

1
始まりは1980年

『サイバーパンク』とは

『サイバーパンクエッジランナーズ』を語る前にこちらも紹介していきたい。

そもそもの始まりは

1980年にアメリカ合衆国でテーブルトークRPGとして『サイバーパンク』が発売

テーブルトークRPGとは

テーブルトークRPGはゲーム機などで遊ぶものではなく、プレイヤーたちが自分のキャラクターを作り、ゲームマスターが進めるストーリーを体験する冒険ゲームです。

能力やスキルを使い、謎を解いたり敵を倒したりしながら、物語を進めていくものとなっています。

その後

2020年12月10『サイバーパンク 2077』がCS機やPCでゲームが発売

引用元:spike chunsoft

結構話題になっていたので知っている方もいるかもしれませんね。

私は5周くらいやりました

ぴろすけ
ぴろすけ
『サイバーパンク 2077』

タイトルが発表されたのが2012年10月

その後、3度の発売延期をへて2020年12月10日に発売

するも、あまりにも高いグラフィックとオープンワールドからなる処理がCS機では間に合わず、まともにゲームをプレイすることが難しくなってしまい購入した人には希望があれば全額返金に応じるという問題になった。

現在ではアップデートが入り普通にプレイすることが出来るようです。

ぴろすけ
ぴろすけ

それから2年後

2022年/9/13にNet Flixで『サイバーパンク エッジランナーズ』が配信される。

引用元:サイバーパンクエッジランナーズ公式
2
日本とポーランド

制作会社・監督

スクリーンストーリー:CD Projekt RED

CD Projekt RED

CD projekt RED』は『CD Projekt』の子会社であり、ゲーム開発に特化した会社です。

ポーランドに拠点を置いており、創立は2002年で有名なゲームは『ウィッチャー』シリーズで3部作も出ておりドラマ化もしています。

アニメーション制作:TRIGGER

TRIGGER

元々はGainaxというアニメーション制作会社の出身スタッフらによって2011年に設立された会社です。

TRIGGERと聞いて思い浮かぶ作品は『キルラキル』や『リトルウィッチアカデミア』などオリジナルの作品を手掛けていることが多く、今回のような原作のある作品を作るのは珍しいです。

監督:今石洋之

いまいしひろゆき

アニメ監督で上で説明したTRIGGER設立メンバーの1人です。

手掛けた作品は『天元突破グレンラガン』や『プロメア』などアニメ好きなら1度は聞いたことがあるような作品ばかりです。

3
個性あふれる

キャラ紹介

デイビッド・マルティネス

本作の主人公

名門校のアラサカアカデミーに通い成績も優秀だが貧しいという理由でイジメにあうが母の遺した『サンデヴィスタン』と『ルーシー』が彼の人生を変える。

武器:サンデヴィスタン・銃

グロリア・マルティネス

デイビッドの母

デイビッドをアラサカアカデミーに通わせるため、ギリギリの生活を送る

夢はデイビッドをアラサカタワーのてっぺんに登れるくらい偉い存在にすることで、自分の人生息子に全ベット

ルーシー

ネットランナー

電車内でデイビッドのお金を盗もうとするのが出会い。

月へ行くことを夢見る少女、アラサカと因縁あり。

武器:クイックハック・モノワイヤー

メイン

エッジランナー チームのリーダー

デイヴィッドが父のように慕い、デイヴィッドの母とも仕事で何度か交流がある。

数々のサイバーウェアや薬の投与で体に負担をかけている

武器:プロジェクタイルランチャー・ショットガン

レベッカ

ピラルの妹、トリガーハッピー

口は悪いが面倒見のいいお姉ちゃん

視聴者ファンからは『ママ』と呼ばれることも。

武器:恐らくゴリラアーム・数々の銃

ピラル

レベッカの兄

チームのムードメーカー的存在で機械のことに関してとても詳しい。

改造された長い腕が特徴

下品

キーウィ

ネットランナー

ルーシーをチームに引き入れた、ルーシーにとっては姉のような存在

武器:クイックハック

ドリオ

メインの恋人

サブリーダー的存在で、ムキムキマッチョウーマン

ファルコ

ベテランドライバー

チームのサポーター的存在で渋い口髭が特徴

ファラデー

ナイトシティのフィクサー

数々のエッジランナーに仕事振っている

目が4つあるのが特徴

アダムスマッシャー

伝説の男

アラサカのボディガードを務めており、体の96%は機械化されている

リパードク 

人体改造のお医者さん的存在で、デイビッドに数々のサイバーウェアを麻酔なしで取り付ける

4

用語解説

ナイトシティ

実業家リチャード・ナイトによって築かれた街

ナイト(夜の)シティ()というわけではない。

サイバーパンク(エッジランナー)

サイバーウェアを身にまとった、傭兵のようなもの

刃物(エッジ)の上を走る(ランナー)ように常に極限状態で生きる者たち。

ネットランナー

サイバーパンク(エッジランナー)の中でもハッキングなど電子的な部門に精通している者

遠距離から敵にハッキングをかけて敵の回路を焼き切るなどすることが出来る。

ICE(対侵入電子機器)

ネットセキュリテイの最先端技術

ルーシーやキーウィなどの『ネットランナー』がこれを突破するためハッキングをかける。

サイバーウェア(インプラント・クローム)

体に移植できる機械

デイビッドの『サンデヴィスタン』やルーシーの『モノワイヤー』(切れ味の鋭いワイヤー)がそれにあたる

武器だけではなく、目や足に装着して強化させるものもある。

BD(ブレインダンス)

人が経験した五感で感じるものを他者に共有することが出来る機械

犯罪現場のBDやショッキングな体験のBDは高値で取引される。

サンデヴィスタン

サイバーウェアの一種

使用すると、一定時間使用者の周りの時間が遅くなり、結果として高速移動のようなことが出来る。

とても強力なサイバーウェアだが体への負担も大きい。

サイバーサイコシス

埋め込んだサイバーウェアが原因で知能障害や行動障害を起こした際の総称。

『サイバーサイコシス化』すると基本的に狂暴化すると考えても良い

アラサカ

世界で最も歴史の長い企業。

名前からも分かる通り日本の企業で今作でもゲームでも主人公の敵側に位置している。

ミリテク

兵器製造および軍事サービスを事業とする巨大企業。

アラサカとは対立関係にある。

フィクサー

フィクサーは傭兵と依頼主の間を取り持つ仲介人

本作では6人ほどのフィクサーを確認でき、その中には『サイバーパンク2077』に登場するキャラもいる。

NCPD(ナイトシティ警察)

ナイトシティの治安を守るための機関だが、アラサカから支援を受けているため、アラサカ絡みの事件は見て見ぬふりをしている。

マックスタック

NCPDの中の特殊部隊

サイバーサイコの排除が仕事であり、作戦遂行において自由な裁量が認められる特権がある。

トラウマ・チーム

ナイトシティ最大の医療提携企業

分かりやすく言うと契約者専用の救急隊員のような機関

契約者以外は助けない。

コーポ

アラサカに勤めているもの、またはアラサカに忠誠を誓っているもの

コンストラクト(記憶痕跡)

アラサカの開発した個人の記憶をデータ化したもの。

データそのものが意思を持っており個人のこれまでの記憶や経験から意思決定をしている。

これを他者がインストールすると一つの体に二つの人格が入った状態になり、そのうちコンストラクトがインストールした人の人格を上書きしてしまう。

最終話で一言しか発せられないが『サイバーパンク2077』においては重要なものになる

5
あらすじ

エピソード紹介

軽いネタバレ含みます

第一話 『Let You Down』/期待を背に 

©NetFlix

ボロアパート、動かない洗濯機、そして過労気味の母親。夜遅くまで違法ブレインダンスに没頭したデイビッドが目覚めると、そこにはいつも通りのつらい現実が待っていた。

全てをなくしたデイビッドに唯一残ったのは母の遺したサイバーウェア『サンデヴィスタン』、現状を変えるため、期待を背に『サンデヴィスタン』のインストールを決意する。

再生時間:24分

第二話 『Like A Boy』/少年は何を思う

©NetFlix

新しい体を手に入れたデイビッドは、自分をいじめた生徒に仕返しをするため、アカデミーにやってくる。その後、謎の女から手を組むことを提案され…。

ルーシーの部屋にある月のポスターを見てデイビッドは、月とは地獄だと表現しているがルーシーにとっては『ナイトシティ』が地獄で夢は月に行くことだと語っている。

そんなルーシーに少年は何を思うのか

再生時間:24分

第三話 『Smooth Criminal』/裏稼業

©NetFlix

エッジランナーたちに囲まれたデイビッドは、自分を仲間に入れて欲しいと頼む。一方悪しき思惑を持つ人物がデイビッドをアカデミーに呼び戻そうとする。

エッジランナーとなり、仕事をこなすデイビッド。

今までとは違う生活送りながらも居心地の良さも感じ始め、裏稼業の世界に身を投じていく。

再生時間:24分

第四話 『Lucky You』/ツキが回って

©NetFlix

いち早く一人前のエッジランナーになるため、次の仕事をくれるようメインに催促するデイビッド。その結果、ルーシーの指導の下でトレーニングを受けることになる。

ツキが回って(月の逆位置)デイビッドに1つの夢が出来る。

「俺が君を月に連れていくよ、約束する」

再生時間:24分

第五話 『ALL Eyes On Me』/刺さる目線

©NetFlix

作戦の成功に向け、機転の良さを発揮するデイビッド。だがその後、自分たちの標的がかなり手ごわい相手だといううことを身をもって知らされる。

アラサカ社員の情報を得るため、BDディレクター(JK)を脅迫するが作戦中に命を落としてしまう。

絶命する直前、彼(JK)はディビッドに刺さるような目線を送っていた。

再生時間:23分

第六話 『Girl On Fire』/炎に包まれて

©NetFlix

メインの様子がおかしいことに気づきながらも、目の前の重大な仕事を完遂しようとする仲間たち。タイムリミットが迫るなか、捕らえた標的から情報を抽出することはできるのか。

とうとう『サイバーサイコシス化』してしまったメインがデイビッドに告げる「人より速く走れるんだろ? 走り抜けろ」 

デイビッドはメインの夢を手に走り抜ける、炎に包まれながら

再生時間:25分

第七話 『Storonger』/もっと強く

©NetFlix

多数のサイバーウェアをインストールし、有名なエッジランナーとなったデイビッドはリーダーとしてチームをけん引。そんななか、知らぬ中ではない相手から大きな仕事を持ちかけられる

多数のサイバーウェアに強い適応性を見せるデイビッドだが、多少の機能障害を起こす。

いろんな人の夢を背負ったデイビッドはもっと強くなるために自分は特別だと強く思い込む。

再生時間:24分

第八話 『Stay』/いかないで

©NetFlix

アラサカとミリテクの間で板挟みになるファラデー。デイビッドの様子を心配するルーシーやレベッカが本人と話をしようとするが、デイビッドは聞く耳を持たない。

『サイバーサイコシス化』一歩手前のデイビッドをルーシー、レベッカが心配する。

デイビッドはルーシーがチームに戻ってくることを願うが、走り去ってしまうルーシー。

三人ともにいかないでと願っている。

再生時間:24分

第九話 『Humanity』/人間らしさ

©NetFlix

体を拘束され、自分の行いの動機や悲しい過去を知られてしまうルーシー。一方ファラデーの指示で仕事に取りかかったデイビッドたちは、何かがおかしいことに気づく

『サイバースケルトン』をインストールし極限状態のデイビッド。

抑制剤が無ければ人間性を保つことが出来なくなってしまった彼だが、走りぬかなければならない

再生時間:25分

第十話 『My Moon My Man』/私の月、私の恋 【最終話】

©NetFlix

サイバーサイコ化しながらも、ルーシーを救うためにナイトシティに戻るデイビッド。アラサカは、そんなデイビッドを止めるべく最終兵器を発動させる

アラサカタワーのてっぺんに立ち、極限状態でも走りぬき、ルーシーのために奮闘するデイビッドだがルーシーの夢はもうではなくなっていた。

再生時間:26分 【合計:4時間3分】

6
四人の

キャラクターの考察・深掘り

ここでは主要キャラクターの考察や深掘りを行っていきたいと思います。

ネタバレ注意

デイビッド

他人の夢

デイビッドは他人の夢を自分の夢にすることが出来ます、してしまうと言ってもいいかもしれませんが…

母の夢
「あんたにはエリートになって、アラサカタワーの最上階に勤めるくらいになってほしいんだよ」

第一話の事故が起きる直前母グロリアのセリフです。

最終話でデイビッドは『サイバースケルトン』を使ってアラサカタワーのてっぺんに立つことが出来ました。

意味は違えどデイビッドは満足げに「母さん、見てよ、アラサカのてっぺんだぜ」と語っています。

メインの夢
「入れて強くなるなら、何でも入れる」・「人より速く走れるんだろ? 走り抜けろ」

第三話・第六話でのメインのセリフ。

直接的に夢と言っているわけではありませんが、メインの流儀と生き様がデイビッドの夢になったのでしょう。

デイビッドは自身の体に限界がきていると感じながらも無理をして数々のインプラントをインストールしています。

第九話では『サイバースケルトン』をインストールして最後まで走り抜けました。

ルーシーの夢
「俺が君を月に連れていくよ、約束する」

第四話でデイビッドがルーシーに言い放ったセリフです。

ルーシーの夢は遠い場所、月に行くことが夢でした。

最終話でデイビッドはルーシーの救出に成功し、月へ行くための資金も用意して最後を迎えることが出来ました。

作中、最も満足に死を迎えたキャラ

形はどうであれデイビッドは三人の夢を叶え、ゲーム『サイバーパンク2077』のアフターライフではデイビッドの名前が付いた酒が提供されていることからナイトシティで名前を残したサイバーパンクの一人になることが出来ました

ルーシー

ルーシーの夢

当初のルーシーの夢は、遠い場所、月へ行くことでした。

ルーシーはアラサカら追われているため、身を隠すにはうってつけのナイトシティに身を潜めるがルーシーはナイトシティのことを『光の牢獄』というふうに表現しています。

好きでナイトシティにいるわけではなく、仕方なしに滞在していることが分かります。

ルーシーは子供のころ別の国のアラサカの施設にいたということから他の国々にもアラサカの企業は展開していてそのアラサカから逃げられるところは月しかないと考えていたのでしょう。

デイビッドとの出会い

月へ行くことが夢だったルーシーだが、デイビッドとの出会いによって変化します。

デイビッドを守るためルーシーはわざわざアラサカに目を付けられるよう行動をおこし、最終話ではデイビッドに「私なんか守らなくていい、あんた自身が生きてくれていればそれだけで良かったのに」と語っています。

あんたは良いサイバーパンクになれると思うの意味

第四話でルーシーがデイビッドに言ったセリフです。

そのセリフの前に「あんたは飛び出すわ 誰にでも 反射的に 考えもなしに」とも言っています。

サイバーパンクは傭兵のように人の依頼を受けてお金をもらうことから、デイビッドのような、人のために何かを出来る人間は良いサイバーパンクになれるということなのでしょう。

「この世界で名を残す方法はどう生きるかじゃない どう死ぬかよ あんたにはにあわないよ」

これも第四話でルーシーがデイビッドに言ったセリフです。

ルーシーは生きることに意味を感じています。(アラサカから逃げ延びるためにナイトシティに身を隠しているため)

ですがデイビッドは、自分の危険を冒してまで他人のために行動することからデイビッドは死んで名を残すかもしれないが死んでほしくはないというルーシーの願いも込めての言葉なのだと思います。

レベッカ

「あんたやっぱいいわ」

第四話でレベッカがデイビッドに言ったセリフ

メインの指示でピラルに荷物を届けに家に行った際、レベッカが銃を構えながらドアを開けたことからナイトシティのサイバーパンクは常に緊張状態でいるのでしょう。

仕事を終えたデイビッドにレベッカが報酬を渡すと、子供のように喜ぶデイビッドを見て新鮮な気持ちになっての発言だと思われます。

ママ

レベッカがファンの間で『ママ』と言われる理由を考えたいと思います。

そばにいてくれる

第七話以降からずっとデイビッドの事を気にかけてくれています。

今までデイビッドがレベッカを助けるシーンは何か所かありましたが、メイン・ドリオの亡き後は常にデイビッドのそばで戦っておりこれは前線の空いた穴を埋めるためなのでしょうがデイビッドの負担を増やさないためでもあります。

メイン・ドリオが死んで精神的につらいデイビッドのそばに常にいてくれたのはレベッカだったのです。

最後はデイビッドの好きなことをやらせる

デイビッドがサイバースケルトンをインストールした後もデイビッドのためにサポートをし抑制剤を打ち込んだりと、着実に死に近づいているデイビッドの夢を応援してあげようという気持ちからもママみを感じます。

メイン

荒野を走るシーン

メインにサイバーサイコシス化の前兆が見え始めたあたりで、メインが荒野を走るシーンが何度も映り込みます。

あれは恐らくメインの『夢』を表した精神世界のようなものなんじゃないでしょうか?

メインが荒野を走っている際、途中で立ち止まるところがあります。

これ以上先にメインは進めないという意味で、恋人であり同じ『夢』を追っていたであろうドリオの死体も荒野に倒れています。

メインが死ぬ直前 デイビッドもその荒野の中におり、メインが自分もろともマックスタックを爆発に巻き込むシーンでデイビッドがメインの進めなかった荒野のその先に走り去ります。

ここで出た名言が「お前は人より速く走れるんだろ? 走り抜けろ」です。

7
サイバーパンク2077

タロット

関係あるか分かりませんがゲーム『サイバーパンク2077』で出てくる収集アイテムタロットカードがあります。

エピソード紹介でも書いた第四話の『ツキが回って』これはタロットカード『月』の逆位置を意味したタイトルではないのかと思います。

これから『サイバーパンク2077』に登場する関係ありそうなタロットカードの紹介をしていきます。

恋人
タロットカード【恋人】

「恋人」は二者を表すカードであり、内面でぶつかり合う矛盾や、両者の間で調和を見出そうとする苦難が示されています。また分かれ道で判断に迷う愚者のようにジレンマを表すカードでもあります。

デイビッドとルーシーの関係

死神
タロットカード【死神】

「死神」は変化を表すカードです。困難をともなう変化が差し迫っていることを示し、人生の一幕が終わりを告げ、別の一幕が始まります。この変化において、何かが失われることは避けられません。しかしそれに代わる別のものも現れるでしょう。

第六話のシーンでメインがマックスタックの事を【死神】と表現し「死神が来た」と言っています。

タロットカード【月】

「月」は現実が必ずしも見たままのものではないことを教えてくれています。外見や幻想に惑わされやすい世界では直観に従うことが重要です。「月」は夢や願望、そして死神が夜ごと執り行う儀式ーー睡眠を示すカードでもあります。

ルーシーやデイビッドにとって【月】とはとても重要なものでした。

太陽
タロットカード【太陽】

「太陽」は成功を象徴し、自由、復活、明るい未来を表すカードです。影を照らし、世界の秘密を明らかにする存在であるため、真実を表すカードでもあります。また、偉大さや輝かしい美しさも関連付けられます。

最終話ラストのシーンでルーシーが太陽に向けて両手を広げています。

8
感想

最後に

ここまで見てくれた方はありがとうございます。

「サイバーパンク エッジランナーズ」は私の見たアニメの中でもかなり好きな作品ですので正直記事にするかどうか悩みました。

配信されてから結構経ちますし、このアニメの魅力をうまく伝えられるのか、キャラクターの考察などちゃんと書けるのか不安でしたが書いていて、一番楽しかったです。

この記事を書くために何十回も同じシーンを繰り返し見たり、キャラのセリフの意味を考えたりと本当に頭が痛くなってきましたが、好きなコンテンツの理解度を深めるのは本当に楽しかったです。

この記事が誰かの鵜に立てれば幸いです、また違う記事で会いましょう。

ABOUT ME
ひろあき
ひろあき
古戦場最高ランキング4桁

アニメや映画、ドラマを週に10本以上視聴
グラブルをメインに取り上げていく特化よりの雑記ブログです。

グラブルはリリース時から遊んでおりランクは300以上、古戦場は最高4桁の順位を到達。
騎空団は常に2000位以内に入っています。

微課金勢でマグナ編成なども現役で活躍しているので多数の方の参考になると思います。
記事URLをコピーしました