グラブル

【グラブル】ルシファーHL フルオート攻略 土属性編

lp.faint

高難易度6人マルチバトルの『ルシファーHL』

ルシファーHLでドロップするトレジャー『終末の暗晶』は、終末の神器の5凸、第三スキルの付与に必要なアイテムです。

終末の暗晶

終末の神器、第三スキルは頻繁に付け替えを行いますし、主人公のジョブ『ソルジャー』で使用するバレットの『エンドモデル:パラダイス・ロスト』には150個もの終末の暗晶を使用するので常日頃から終末の暗晶を集めることが意識されます。

パラダイス・ロスト

そこで、今回紹介する記事は終末の暗晶をドロップするルシファーHLをフルオート攻略した編成の紹介です。

ルシファーHL以外にも入手する手段はありますが、かなりコスパが悪いです。

ショップ→栄誉の輝き5000交換

この記事でルシファーHLを日課に組み込み、終末の暗晶を継続的に集めていきましょう!!

【まとめ】で編成内容が一目で分かるようにまとめてあります。

ルシファーHL フルオート攻略 土属性編

キャラ編成

サポ超越ルシフェル英雄の盾

今回紹介する編成の属性は土属性です。

カイムハイランダー編成を用いてルシファーHLをフルオートしていきます。

キャラ編成的に奥義火力が主体となるため、多少時間がかかってしまいますが、けっこう安定した立ち回りで討伐することが出来ます。。

限定キャラを採用した編成ですので万人にマネが出来ないのが辛いところではありますが参考にしてもらえたら幸いです。

主人公:パラディン

高難易度などでよく使われるジョブ『パラディン』

アビ効果用途
1アビエレメンタル・ファランクス
‣被ダメ有利属性変換
‣有利属性80%ダメカ
パラディンたる所以のアビリティです。ルシファーHLの痛いダメージを80%カットしてくれるのはかなり心強い
2アビセイクリッド・プロテクション
‣味方全体被ダメ1万減少
他の属性であれば『フルレジスト』などを採用していますが、超越オクトーが居るので被ダメ減少を優先しました。
3アビノブレス・プロテジー
‣全体かばう
‣バリア
上手くかみ合えば、ルシファーHLの『パラダイス・ロスト』もこのアビリティ1個で対処できる。
4アビグラビティ
‣敵の最大CT増加
ルシファーHLの強力なCT技を遅延させる。

アンスリア(クリスマス)

覚醒タイプ:バランスLv9

耐久特化と思いきや味方へのバフで火力UPも図れる強力なキャラです。

奥義効果による土属性追撃付与+テンションUP

使用間隔は長いが2アビの4ターンの間主人公と自身が2回行動できるのは強力。

極めつけは3アビ

聖艶の舞
自分と主人公に聖艶の舞効果
聖艶の舞
└奥義発動時に自分に安全回避(1回)を付与する状態。

🔹再使用不可

奥義頻度の高さから主人公とアンスリアに完全回避が付与される頻度も自然と高いので、ルシファーHLの強力な技をいなすことが出来る。

しかもアンスリアが回避に成功した時は、味方全体のHPを回復+テンション1ターン延長というオマケ付き。

土サテュロス

覚醒タイプ:防御Lv9

言わずと知れた、恒常キャラの中で最強挌の一人です。

バフ/デバフ/回復と何でも出来る万能キャラですが、ルシファーHLでは3アビを自動発動してくれるサポアビ『☆to-Moのキズナ』が特に重要です。

☆to-Moのキズナ
被ターゲット時と土属性キャラが奥義発動時トゥインクルを1追加(最大9)
ターン終了時にトゥインクルを2消費してベクター・トゥ・ザ・スカイ(3アビ)が発動。

ベクター・トゥ・ザ・スカイ
敵に土属性ダメージ
├攻防DOWN(累積)
└ディスペル


使用間隔:6ターン

ルシファーHLには『赫刃Lv』という仕様があり最大でLv5まで上がります。

ルシファーHLが特殊技・特殊行動を行うごとにLvが上がっていき、Lvが上がるにつれて攻撃性能の上昇や『アキシオン・アポカリプス』に追加効果も付与されるので出来るだけLv3以下にしておきたい。

そのLvを下げるために『ディスペル』を発動する必要があり、本来であれば複数のディスペル手段が欲しいところですが、土サテュロスが居ればディスペルに困ることはありません。

今回の編成は奥義主体の編成ですのでトゥインクルが枯渇することはなく、毎ターン『ベクター・トゥ・ザ・スカイ』を発動してくれます。

オクトー(超越~)

覚醒タイプ:防御Lv9

今回の編成ではLv150オクトーを使用していますが、超越以上であれば問題ないかと思います。

150以下のオクトーを採用する場合は、主人公の『セイクリッド・プロテクション』を『フルレジスト』に変更してください。

火力と味方への奥義ゲージ分配が目的です。

超越以上であれば奥義効果に水属性ダメージ20%カット。

Lv150であれば、チェインバースト時に発動するサポアビ

八衢を切り裂く刃
チェインバーストが発生したターン
├味方全体の弱体耐性100%UP
└ディスペルガード(1回)

これらのバフが付与され支援性能も高くなります。

【サブ】ガレオン

覚醒タイプ:防御Lv9

ルシファーHLのHPが25%になると『ゴフェル・アーク』が発動するため、種族被りを避ける形でガレオンを採用しました。

『ゴフェル・アーク』とは?

編成内に同種族のキャラがいる場合、配置が後ろのキャラに戦闘不能効果

『ゴフェル・アーク』が発動すると天の水門と言うフィールド効果が展開されるので、ガレオンの3アビ効果によって、2アビ『降砂岩』が2ターンに一回発動します。

『天の水門』とは?

ターンが2~3ターン分すすむ

『金』の楔石
自分に『金』の楔石効果
├攻撃性能/防御性能大幅UP
├4ターンに毎に『降砂岩』(2アビ)が発動
└攻撃行動を行った次のターン行動不可

降砂岩
ターゲットに関わらず敵の現HPに応じた無属性6回ダメ
├ディスペル
└スロウ効果
🔹『金』の楔石中4ターン毎に発動

使用間隔:8ターン

種族被りを避けるためだけに採用していましたが、結果的に相性が良かったです。

ですが

正直、他のキャラでもいいかもしれません。

他の候補キャラとしては、『アルルメイヤ』などが良いかもしれません。

アルルメイヤであれば種族被りも無く、明確にメリットがあります。

未来幻視
ターン終了時に敵のCTが最大の場合、味方全体の水属性ダメージ70%軽減

後述するメイン武器の奥義効果により被ダメが基本的に水属性ダメージに変換されているので、このアルルメイヤのサポアビが無属性相手にも生かすことが出来ます。

【サブ】カイム(未最終)

覚醒タイプ:バランスLv1

カイムハイランダーと言う名前の通り、カイムが居ないとこの編成は意味を持ちません。

その理由は、サブメンバー時に効果を発揮する刑死者の逆位置にあります。

刑死者の逆位置
サブメンバー時
装備している武器が全て異なる時、土属性キャラに
├攻撃20%UP
├防御50%UP
└ダメージ上限10%UP

微課金ティターン編成にはとても助かるキャラクターです。

グラブルプレイ歴9年以上の私も未だに土属性永遠のサブ枠です。

ルシファーHL フルオート 土属性編

装備紹介

ここからは、武器と召喚石の編成を紹介します。

武器編成では、耐久力を意識しながら奥義火力を上げるよう心がけています。

召喚石は、けっこう難易度の高い編成になっています。

武器編成

装備の内訳
・ウォフ剣【EX】※メイン武器
・アイル拳【背水/堅守】
・通常終末【奥義D/渾身】
土アストラルWP【EX】
・エクス槍【EX】(特殊)
・刃鏡片【無双/刃界】(攻撃)
・ガレオン銃【奥義与ダメ】
・オルペ【神威/羅刹】
・一期一振【攻刃/渾身】
・AK【攻刃/乱舞】(防御)

特筆すべきは、ウォフ剣(ラスト・シャフレワル)です。

劇滅戦『ゼノ・ウォフマナフ』から入手可能

この武器の奥義効果がかなり強く無属性の高難易度を土属性で挑む際にはけっこうな確率でメイン武器にしています。

奥義『アータル』
土属性ダメージ(特大)
├自分の土属性攻撃UP
└味方全体の被ダメージを水属性に変換

無属性相手の敵は基本的にランダム属性で攻撃してくるので、被ダメがかなり痛いことになりますが、この武器の奥義効果で有利属性である水属性に変換してくれるため、被ダメを抑えてくれます

召喚石編成

  • ティターン5凸 ※メイン召喚石
  • ジ・オーダー・グランデ4凸
  • ハールート・マールート4凸
  • ベリアル4凸
  • ベルゼバブ4凸 ※クイック召喚設定
  • ザ・タワー5凸 ※サブ加護
  • ガレオン無凸 ※サブ加護

ベルゼバブ4凸をフルオート召喚させるためにクイック召喚石に設定しています。

ルシファーHLが発動する12の試練のうちの1つ、【Ⅶ】の試練を解除するためには200万以上の無属性ダメージを与えないといけません。

このⅦの試練が残っている状態だとルシファーHLがこちらに弱点属性(風)で攻撃してくるようになるため出来る限り解除したいものになっています。

ベルゼバブの召喚効果は無属性300万のダメージを出してくれるので、容易にⅦの試練を解除してくれます。

今回の編成ではウォフ剣を装備しているため、そこまで大きな問題ではないかもしれませんが、奥義効果の隙を突かれたり、ルシファーHLからディスペルを貰うこともあるので解除できるのであれば解除したい。

最悪、ベルゼバブを所持していなくても討伐出来る可能性はありますが、フルオート攻略の安定度が下がってしまうので所持していれば積極的に採用したいです。

ルシファーHL フルオート攻略 土属性編

まとめ

ここまで読んでいただいた方はありがとうございます。

いかがでしたでしょうか?

無属性相手に挑む場合、属性変換を継続的に発動してくれるキャラや武器があるとかなり攻略しやすいです。

今回紹介した土属性は『ラスト・シャフレワル』、風ではキャラの『カッツェリーラ』、闇キャラは『リッチ』が居るのでこの3属性は特に攻略がしやすいと感じます。

一応、火属性にも『晩蝉』と言う武器があり属性変換してくれるのですがルミナス武器のため、かなり敷居が高い…

今のところルミナス武器は闇属性の『エレシュキガル』しか持っていないため、次に取るのを『晩蝉』にしようか悩んでいます。

『フルんティング』もかなり強いらしいですが、先にガレオン杖3本揃えたほうがいいんじゃないか?とも思っているので悩ましいところです。

話がそれてしまいましたが、ここで紹介した編成をまとめたものを下に書いていくので、上から見てくれた方は再確認を。

まとめだけ見てくれた方は、ここだけ見れば編成内容が分かるように記載しますので見てもらえたら嬉しいです。

今回の記事が少しでも皆さんの助けになれば幸いです。

ではまた。

メインメンバー
主人公メイン武器補足
パラディンウォフ剣英雄の盾
EXアビ・セイクリッド・プロテクション
・ノブレス・プロテジー
・グラビティ
クリアンス土サテュオクトーLv150
バランスLv9防御Lv9防御Lv9
サブメンバー
ガレオンカイム
入れ替え候補
アルルメイヤ
ガレオンと入れ替え
ポイント

オクトーは超越していれば採用できます。

オクトーがLv150未満の場合は、主人公の『セイクリッド・プロテクション』を『フルレジスト』に変えてください。

  • ウォフ剣【EX】※メイン武器
  • アイル拳【背水/堅守】
  • 通常終末【奥義D/渾身】
  • 土アストラルWP【EX】
  • エクス槍【EX】(特殊)
  • 刃鏡片【無双/刃界】(攻撃)
  • ガレオン銃【奥義与ダメ】
  • オルペ【神威/羅刹】
  • 一期一振【攻刃/渾身】
  • AK【攻刃/乱舞】(防御)
ポイント

メイン武器に装備しているウォフ剣(ラスト・シャフレワレ)の奥義効果、水属性変換を利用した攻略になります。

キャラ編成的に奥義が主体のダメージ源となるため、奥義火力を上げるとともに、アイル拳の堅守で防御面も考慮しています。

サポート召喚石:超越ルシフェルLv250
  • ティターン5凸 ※メイン召喚石
  • ジ・オーダー・グランデ4凸
  • ハールート・マールート4凸
  • ベリアル4凸
  • ベルゼバブ4凸 ※クイック召喚設定
  • ザ・タワー5凸 ※サブ加護
  • ガレオン無凸 ※サブ加護
ポイント

ベルゼバブをクイック召喚設定にしてフルオートでも召喚できるようにしています。

ベルゼバブ召喚効果でルシファーHL【12の試練】のうちの1つⅦの試練を解除します。

ABOUT ME
ひろあき
ひろあき
古戦場最高ランキング4桁

アニメや映画、ドラマを週に10本以上視聴
グラブルをメインに取り上げていく特化よりの雑記ブログです。

グラブルはリリース時から遊んでおりランクは300以上、古戦場は最高4桁の順位を到達。
騎空団は常に2000位以内に入っています。

微課金勢でマグナ編成なども現役で活躍しているので多数の方の参考になると思います。
記事URLをコピーしました