映像作品

【映画/感想】『ボーはおそれている』現実かそれとも妄想か、ボーのサイケデリックな旅

lp.faint

遅ればせながらやっと見てきました。

アリ・アスター監督の『ヘレディタリー/継承』、『ミッドサマー』に続き三作品目の映画です。

どの映画も1回観ただけじゃ理解するのは少し難しく、2回くらい(もっとかな?)観ないと内容が理解できませんでした。

ですが、それがまた魅力の一つで、考察や理解を深めたくなるような作品であり、独特な世界観にくぎ付けになってしまいます。

今作『ボーはおそれている』も例に漏れず、魅力的な作品でした。

作品概要『ボーはおそれている』監督/キャスト

監督/脚本アリ・アスター
ボー役ホアキン・フェニックス
フリール
医師役
スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン
グレース役エイミー・ライアン
ロジャー役ネイサン・レイ
モナ役パティ・ルポーン
エレイン役パーカー・ポージー
ジーヴス役ドゥニ・メノーシュ

制作国アメリカ
制作年2023年
配給ハピネットファントム・スタジオ
原題BEAU IS AFRAID
上映時間179分

あらすじ

常に不安に駆られている怖がりの男『ボー』。

極度の不安障害からか、現実か妄想かも分からない世界で彼は生活していた。

とある日、母の訃報を知り実家へと帰らなくてはいけなくなるが、外に出るとおかしなことばかり起きる。

彼に寄って来る、不思議な人々、奇怪な出来事、迫りくる不安。

彼が見ている物は現実なのか?

感想 ネタバレなし

アリ・アスター監督の過去作品『ヘレディタリー/継承』や『ミッドサマー』はホラーと言うか、ミステリーというか。

今作品はその2つとも違う一風変わった印象を持ちました。

アリ・アスター監督自身は『ダークコメディ』だと言っていますが、「コメディ!?」って思っちゃいましたね。

確かに、ふと笑えるようなシーンはありましたが、これでジャンルをコメディにするのは(笑)

どの映画も独特な世界観を観せてくれるアリ・アスター監督の映画ですが、今作品も含めどの映画も『家族』という共通点があります。

『ヘレディタリー/継承』は祖母の死をきっかけに家族が崩壊していく。

『ミッドサマー』は妹の一家心中で家族を失って精神病み病みの女子大生。

詳しくは書きませんが『ボーはおそれている』も母の死をきっかけに不思議な旅をする話。

なんか『岡田麿里』的な感じがしました。

岡田麿里監督はアニメ『さよならの朝に約束の花をかざろう』だったり『アリスとテレスのまぼろし工場』の監督をした人ですが、家族の事を『呪い』だと表現しています。

「強い繋がり」という点から考え始めたのですが、それが結局、親子なんですよね。強度という意味では恋人や夫婦もそうなのかもしれませんが、恋人や夫婦は解消しようと思えばできます。でも親子は絶対に壊せない関係で、ある意味、呪いのようなものでもあります。

結末やジャンルは全くの逆方向ですが、2人とも家族という点に重点を置いている気がします。

アリ・アスター監督がな映画で、岡田麿里監督がな映画ですね。

話を戻して

何て言うんですかね?

カメラワークと言うか何というか?

私の好きな演出なんですが、こう静かに一点を映し続けるシーン(分かりますかね?)

この時、『何を考えているんだろう?』とか『どういう感情何だろう?』とか想像しちゃうじゃないですか?

『ボーはおそれている』でもそういうシーンがかなり多く、その時のボー(ホアキン・フェニックス)の顔といったら。

なんとも言えない表情をしてるわけですよ。

常に不安に駆られているボーですから、表情から感情を読み解くのに拍車がかかります。

これは、ボーというキャラの設定だけでなくホアキン・フェニックスの演技力も相まっての事かと思います。

上映時間が179分、約3時間と言うことでかなり長く、疲れてしまうかとも思いましたが

全体的にずっとシリアスでサイケデリックなシーンが多く、アニメーションなども含まれているので疲れや飽きると言うことは無く、ずっと暗い気持ちで楽しく?見ることが出来ました。

アリ・アスター監督の作品が好きなら絶対に面白いと思います。

個人的に三作品の中では一番面白かったです。

「僕自身あまり居心地がいいと思える人間じゃないので、みんなにも本作を観て、居心地の悪い思いをしてほしい。それでこそフェアだと思うので」

映画.com  アリ・アスター インタビュー記事より

独り言

上映時間179分!! 約3時間!!

『ポンポさん』なら泡吹いて気絶するレベルです。

途中腹が減るだろうと思い、普段買わないポップコーン(キャラメル味)を買いましたが、それが間違いでした。

歯にキャラメルがべっちゃりくっついて、集中が削がれるんですよ。

次からは買うにしても塩味にします。

上記で何度も三作品と言っていますが、実はアリ・アスター監督の作品はもう一つあるらしく、2011年に発表した『Beau』という7分の短編作品があるみたいです。

こちらも神経症の中年男性が母親に会いに行く作品らしく『ボーはおそれている』のベースとなっているみたいです。

原題の『BEAU IS AFRAID』とスペルが一緒ですし。

次回作も決まっているらしく『Eddington』というタイトルみたいです。

wikiにタイトルしか載っていないのでどういう内容か分かりませんが、またどん底の気持ちにさせてくれるくらい映画であることを期待したいですね。

ABOUT ME
ひろあき
ひろあき
古戦場最高ランキング4桁

アニメや映画、ドラマを週に10本以上視聴
グラブルをメインに取り上げていく特化よりの雑記ブログです。

グラブルはリリース時から遊んでおりランクは300以上、古戦場は最高4桁の順位を到達。
騎空団は常に2000位以内に入っています。

微課金勢でマグナ編成なども現役で活躍しているので多数の方の参考になると思います。
記事URLをコピーしました